できましたら控えて頂けますことをお願いしております。
というのも、アルコールには糖分を多く含むものがございます。

本プログラムはエネルギーを糖質から脂質へ切り替える目的としておりますので、糖分を多く含むアルコールはお控え頂いております。

本プログラムは、体を糖質から脂質を使うエネルギーへと移行する目的がございます。

また、アルコールを摂取すると体内で分解するのに酵素が必要になります。

体を動かすためにも酵素は必要で、摂らなくてもいいアルコールを摂取すると、体を動かすために使う貴重な酵素をアルコール分解に回さないとなりません。

の辺ご理解いただけますと幸いです。
どうしてもという場合は、糖質の少ないウイスキーなどの蒸留酒をお勧めいたします。

醸造酒である日本酒、ビール、ワイン、ジュースやフルーツのリキュールを使うカクテルはNGです。

本プログラムは体内リセットが目的であるため、期間中は全身で毒素を出すための排泄モードになっています。

子宮は毒が溜まりやすい器官なので、今までの月経で子宮に残っている出しきれなかった経血が出たものと考えられます。

9日目には、ほぼ以前と同じように主食を含めた食事を再開していただきますので、問題はありません。

プログラム終了後は味覚や食べられる量が変わっておられると思いますので、ご自身の身体が受け付けられる分の食事をお楽しみください。

ただ、いきなり多くの炭水化物や甘いものをお摂りいただくのはお勧めいたしません。

ロカボとは、ローカーボン(艇炭水化物)の略語です。

ロカボダイエットでは一日の糖質を20g以下で抑えるスーパーロカボ食と、60g以下で抑えるロカボ食とがあります。

要は、糖質制限食という事ですね。

回復食期間で召し上がっていただきたい食材を、下記の言葉でまとめました。

ただし回復食期間は3日間胃腸を完全に休ませたため、一日一日でお召し上がりいただく内容に制限がございます。

ある程度回復食の日数が経った時に、ぜひ参考になさってください。
  
『まごわやさしいよな』
  
  ま  豆
  ご  ゴマ
  わ  わかめ(海藻類)
  や  野菜
  さ  さかな
  し  しいたけ(きのこ類)
  い  いも
  よ  ヨーグルト
  な  ナッツ

一般に手に入りやすいものでいうと、甜菜糖をお勧めいたします。

他には、はちみつ、メープルシロップ、黒糖、きび糖など。

ただし、沖縄や暑い国が原産地のものは、体を冷やす効果があるので、冷え性の方には不向きです。

醸造酒よりは、糖質を含まない蒸留酒をお勧めいたします。
醸造酒はビール・日本酒・ワインなどがあげられます。

蒸留酒はウィスキー・ブランデー・スピリッツなどがあげられます。
また、現在は糖質制限中でも気兼ねなく飲める糖質オフの商品をご利用頂くのも宜しいかと思います。

ワインや日本酒は醸造酒ではありますが、酵母が生きているので、1,2杯を楽しむ分には問題ありません。

ちなみに梅酒などの混合酒はお勧めいたしません。

本プログラムでリセットされた体を維持するためにおススメする主食の摂り方ですが、一日の糖質摂取は50gを目安とし、1日1回1種類。お昼に摂る事をお勧めいたします。

  わかりやすく言いますと。

  白米なら、お茶碗1/2杯
  食パンなら、6枚切り1枚
  麺なら、半玉

お召し上がりいただくときは、具なしのおにぎり、かけうどん、菓子パンとかではなくて、親子丼や中華丼のご飯半分、天ぷらうどんや鍋焼きうどん、サンドウィッチなどのように、タンパク質や油脂と一緒になった料理で主食を摂る事をお勧めいたします。

当プログラムでお摂りいただく、ココナツオイルのほか、MTCオイル、ギー、無塩のグラスフェッドバター、インカインチオイル(サチャインチオイル)、アーモンド、クルミ、亜麻仁油、エゴマ油、オリーブオイル、アボカドオイルをお勧めしております。

ただし、亜麻仁油及びエゴマ油は酸化しやすいため、加熱はNGです。

LINOUSがグラスフェッドバターを強く勧めているのは、良質な脂肪である他に以下の理由があります。

・分解しやすい短鎖脂肪酸であること。
・加熱しても酸化しにくいこと
・ビタミンを含んでいること

ケトン体質は脂肪をエネルギー源とするので、炭水化物や糖類の摂取を控え、野菜やたんぱく質、良質の油脂をお取りいただくことをお勧めいたしますが、決して炭水化物や糖類を食べてはいけないというわけではありません。

炭水化物や糖類を召し上がる時は、夜は控え、お昼に頂く、たくさん食べてしまった日の翌日は炭水化物の摂取をひかえるなど、バランスをとるなどの工夫をお勧めいたします。

好転反応をなるべく緩くするカギは、炭水化物・砂糖・食品添加物になります。

準備期間の間にこれらを徐々に減らしていく事で、好転反応の出方を緩やかにします。

当プログラムではお客様の好転反応の負担を減らすべく、お客様とのカウンセリング後、本プログラムに入る前の準備期間をお一人お一人に合わせ設定いたします。

その際に、準備期間にお取りいただく食事内容のアドバイスをさせて頂きます。
また、好転反応の出方には個人差がございます。

まずは裏面などに記載されている原材料を見て頂きまして、使っている材料がシンプルであるものをお選びください。

科学調味料などいろいろ入っているものはお勧めしません。

回復食期間終了後すぐは、なるべく砂糖が入らないものを優先することをお勧めいたします。

好転反応の出方については主に、頭痛・吐き気・ダルさ・眠気・めまい・立ちくらみ・肌荒れなどがあげられます。

遺伝的要素だったり、今までの生活環境や習慣、病歴、など、人により反応の軽重も様々です。

好転反応とは、調整反応とも呼ばれます。

ファスティングを行うことにより、食べ物が一切体に入らなくなるという新しい刺激に対して、身体が反応し、身体本来の状態に戻るように、身体が順応するまでに現れる一時的な現象です。
  
LINOUSのファスティングは体内リセットを目的の一つとしているので

傷ついた細胞が新しく修復され新しく生まれ変わる。
体内の有害物質が排出される
血液やリンパの流れが活発になる

上記にあげられた事が体内で起き始めると、好転反応が出てきます。
  
好転反応は、身体の改善の現れであります。
体が順応すれば、落ち着いてきます。

普段水分を摂られないとの事ですが、『水分を摂る事』を意識するだけでも、だいぶ変わってまいります。
『喉が渇いたから飲む』ではなく、ちょこちょこマメに水分を摂るように意識されてみてください。
  
特に意識して水分補給をしていただきたい時間帯は以下の通りです

1. 朝起きて2時間以内(夜寝ている間に失われた水分を補うため)
2. 14-16時
(17-19時は、腎臓で体内の毒素や古い水分を分ける活動が活発になります。古い水分をきちんと出すために、綺麗な新しい水分が必要となるため)
3. 21時から寝る前(就寝中、腸の排泄準備が活発になり、腸が水分を必要とするため)

理想としては、各時間帯に500mlではありますが、はじめは無理をせず意識的に水分をとる気持ちで大丈夫です。
飲むお水は白湯か常温のお水になさってください。

もし、味に飽きてしまったら、休食期間中は飲み物の制限がございますが、その期間以外は麦茶やルイボスティーなどのハーブティー、などでも大丈夫です。