できましたら控えて頂けますことをお願いしております。
というのも、アルコールには糖分を多く含むものがございます。

本プログラムはエネルギーを糖質から脂質へ切り替える目的としておりますので、糖分を多く含むアルコールはお控え頂いております。

本プログラムは、体を糖質から脂質を使うエネルギーへと移行する目的がございます。

また、アルコールを摂取すると体内で分解するのに酵素が必要になります。

体を動かすためにも酵素は必要で、摂らなくてもいいアルコールを摂取すると、体を動かすために使う貴重な酵素をアルコール分解に回さないとなりません。

の辺ご理解いただけますと幸いです。
どうしてもという場合は、糖質の少ないウイスキーなどの蒸留酒をお勧めいたします。

醸造酒である日本酒、ビール、ワイン、ジュースやフルーツのリキュールを使うカクテルはNGです。

普段水分を摂られないとの事ですが、『水分を摂る事』を意識するだけでも、だいぶ変わってまいります。
『喉が渇いたから飲む』ではなく、ちょこちょこマメに水分を摂るように意識されてみてください。
  
特に意識して水分補給をしていただきたい時間帯は以下の通りです

1. 朝起きて2時間以内(夜寝ている間に失われた水分を補うため)
2. 14-16時
(17-19時は、腎臓で体内の毒素や古い水分を分ける活動が活発になります。古い水分をきちんと出すために、綺麗な新しい水分が必要となるため)
3. 21時から寝る前(就寝中、腸の排泄準備が活発になり、腸が水分を必要とするため)

理想としては、各時間帯に500mlではありますが、はじめは無理をせず意識的に水分をとる気持ちで大丈夫です。
飲むお水は白湯か常温のお水になさってください。

もし、味に飽きてしまったら、休食期間中は飲み物の制限がございますが、その期間以外は麦茶やルイボスティーなどのハーブティー、などでも大丈夫です。