回復食期間で召し上がっていただきたい食材を、下記の言葉でまとめました。

ただし回復食期間は3日間胃腸を完全に休ませたため、一日一日でお召し上がりいただく内容に制限がございます。

ある程度回復食の日数が経った時に、ぜひ参考になさってください。
  
『まごわやさしいよな』
  
  ま  豆
  ご  ゴマ
  わ  わかめ(海藻類)
  や  野菜
  さ  さかな
  し  しいたけ(きのこ類)
  い  いも
  よ  ヨーグルト
  な  ナッツ

一般に手に入りやすいものでいうと、甜菜糖をお勧めいたします。

他には、はちみつ、メープルシロップ、黒糖、きび糖など。

ただし、沖縄や暑い国が原産地のものは、体を冷やす効果があるので、冷え性の方には不向きです。

当プログラムでお摂りいただく、ココナツオイルのほか、MTCオイル、ギー、無塩のグラスフェッドバター、インカインチオイル(サチャインチオイル)、アーモンド、クルミ、亜麻仁油、エゴマ油、オリーブオイル、アボカドオイルをお勧めしております。

ただし、亜麻仁油及びエゴマ油は酸化しやすいため、加熱はNGです。

LINOUSがグラスフェッドバターを強く勧めているのは、良質な脂肪である他に以下の理由があります。

・分解しやすい短鎖脂肪酸であること。
・加熱しても酸化しにくいこと
・ビタミンを含んでいること

まずは裏面などに記載されている原材料を見て頂きまして、使っている材料がシンプルであるものをお選びください。

科学調味料などいろいろ入っているものはお勧めしません。

回復食期間終了後すぐは、なるべく砂糖が入らないものを優先することをお勧めいたします。