睡眠不足になるようなら、寝る2時間前くらいから、お水は飲まなくても大丈夫です。

お白湯にしていただくと食欲が抑えられます。あと脂肪は空腹を抑えて頂く効果がありますのでココナッツオイルを入れて飲んで頂くと良いです。

ドレッシングをかけても大丈夫ですが、マヨネーズの方が良いです。

朝起きた時や食事の数時間前(脂肪が燃焼する前)コーヒーやルイボスティー、ミルクなどに入れて頂いたりヨーグルトに混ぜて頂いても摂取しやすいです。

はい、トマトは大丈夫ですよ。

お腹がぽっこりするのも水分です。
あとはお腹が浮腫んでいるというのもあるかもしれませんね。

水分を多めに取って頂いてるための排毒作用です。

トイレが近いのは、水分を多く取っていただいているからなので、大丈夫ですよ。

偏頭痛は塩を舐めていただくと緩和するかもしれません。ぜひ一度おためしください。

好転反応をなるべく緩くするカギは、炭水化物・砂糖・食品添加物になります。

準備期間の間にこれらを徐々に減らしていく事で、好転反応の出方を緩やかにします。

当プログラムではお客様の好転反応の負担を減らすべく、お客様とのカウンセリング後、本プログラムに入る前の準備期間をお一人お一人に合わせ設定いたします。

その際に、準備期間にお取りいただく食事内容のアドバイスをさせて頂きます。
また、好転反応の出方には個人差がございます。

断食期間に向けて、炭水化物(糖質)を減らしていく目的が準備期間にはございますので、できましたら控えて頂けますことをお願いしております。

というのも、アルコールには糖分を多く含むものがございます。

どうしてもという場合は、糖質の少ないウイスキーなどの蒸留酒をお勧めいたします。

断食期間中におこると予測される好転反応の症状を少しでも軽くするため、炭水化物の摂取を意識的に減らしているので、その影響でめまいなどの症状がでる場合がございます。

  徐々に慣れてくるかと思うのですが、あまりに不安を感じるようでしたら、少しだけハチミツを舐めたり、果物を少し召し上がってみてください。

準備期間における炭水化物の摂取は徐々に減らしていく感じで大丈夫です。

例えば準備期間3日間だったとした場合は、例として

1日目  朝・昼・夕と3回炭水化物を摂るとしたら、毎食炭水化物の量を減らす。
2日目  朝・昼のみ炭水化物を摂り(量を1日目より減らす)、夕食は炭水化物を抜く。
3日目  昼のみ炭水化物を摂り(量を2日目より減らす)、朝・夕は炭水化物を抜く。

  また、個人差もございますので、お客様に合わせてアドバイスをさせて頂きます。

普段水分を摂られないとの事ですが、『水分を摂る事』を意識するだけでも、だいぶ変わってまいります。
『喉が渇いたから飲む』ではなく、ちょこちょこマメに水分を摂るように意識されてみてください。
  
特に意識して水分補給をしていただきたい時間帯は以下の通りです

1. 朝起きて2時間以内(夜寝ている間に失われた水分を補うため)
2. 14-16時
(17-19時は、腎臓で体内の毒素や古い水分を分ける活動が活発になります。古い水分をきちんと出すために、綺麗な新しい水分が必要となるため)
3. 21時から寝る前(就寝中、腸の排泄準備が活発になり、腸が水分を必要とするため)

理想としては、各時間帯に500mlではありますが、はじめは無理をせず意識的に水分をとる気持ちで大丈夫です。
飲むお水は白湯か常温のお水になさってください。

もし、味に飽きてしまったら、休食期間中は飲み物の制限がございますが、その期間以外は麦茶やルイボスティーなどのハーブティー、などでも大丈夫です。

はい。準備期間中はお摂りいただいて結構です。

トクホのお茶や飲み物は、準備期間を含めプログラム中の摂取はお控えください。
  トクホの商品自体が、通常食事中に摂ることを目的としておりますので、このプログラム中は必要がございません。
  また食事量を減らしていく中で、血糖値を下げる効果を目的にされている飲み物を摂ると、低血糖を誘発する可能性があります。
  さらに、難消化性デキストリンという食物繊維が含まれるので、人によっては消化不良の腹痛の原因になりますのでいったんお休みしていただきます。

準備期間については、お取りいただいて大丈夫です。

準備期間、回復食期間も出来る事なら控えて頂くようにお願いしております。
本プログラムは糖質から脂質をエネルギーと変えることを目的としておりますので、糖分が多く含まれているものが多いアルコールは避けて頂くのがベストです。

喫煙及び飲酒については断食中は禁止とさせて頂きます。

お召し上がりいただくナッツについて、低糖質を意識するならば、クルミ、アーモンド、ヘーゼルナッツをお勧めいたします。
最近ではコンビニで無塩のローストアーモンドやクルミが販売されています。
限られたコンビニではありますが低糖質のミックスナッツが販売されている所もあります。

好転反応をなるべく緩くするカギは、炭水化物・砂糖・食品添加物になります。

準備期間の間にこれらを徐々に減らしていく事で、好転反応の出方を緩やかにします。

当プログラムではお客様の好転反応の負担を減らすべく、お客様とのカウンセリング後、本プログラムに入る前の準備期間をお一人お一人に合わせ設定いたします。

その際に、準備期間にお取りいただく食事内容のアドバイスをさせて頂きます。

また、好転反応の出方には個人差がございます。