好転反応をなるべく緩くするカギは、炭水化物・砂糖・食品添加物になります。

準備期間の間にこれらを徐々に減らしていく事で、好転反応の出方を緩やかにします。

当プログラムではお客様の好転反応の負担を減らすべく、お客様とのカウンセリング後、本プログラムに入る前の準備期間をお一人お一人に合わせ設定いたします。

その際に、準備期間にお取りいただく食事内容のアドバイスをさせて頂きます。

また、好転反応の出方には個人差がございます。

カテゴリー :