断食中に出る口臭や体臭ですが、もしそれが酸っぱい匂いである場合、それはケトン臭(アセトン臭)と呼ばれるものです。

断食により糖を断つことで、体のなかで使われるエネルギーが糖から脂質に切り替わり、ケトン体が体内で発生します。

本プログラムは体のエネルギーを糖からケトン体に変えることを目的としております。

休食期間はその切り替え時期であり、体のなかで必要以上にケトン体が増え、発生したケトン体をすべてエネルギーとして使いきれず、体内に余ってしまった時にケトン臭として出てしまう場合があります。

ケトン体はケトン体質でも、随時余分に出ているわけではなく、必要な時に必要なだけ発生します。

体が完全なケトン体質に切り替わっていけば、ケトン臭も徐々になくなっていきますのでご安心ください。

カテゴリー :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です